私たちジャストは、調査・診断業務を通して
構造物の安全確保とストック型社会の実現をめざします。

Company

ジャストコラム一覧

成績証明書

 ジャストに入社して数年後、実家の掃除中に大学時代の成績証明書が出てきたので、見てびっくり! 私は機械科に在籍し、履修した科目はすべてとったつもりでいましたが、2科目だけ落としていました。 それが一般教養の「基礎建築学」と選択科目の「溶接工学」でした。 思いおこせば、「基礎建築学」は歴史の話からはじまり、それが自分にあわなくて、講義に出なくなった。 「溶接工学」は教授が教壇でブツブツつ

アツイ思い

私は大阪に生まれて40年、大阪以外に住んだ事はない。(大阪の八尾以外に) 幼少の頃から、隣近所含め(無駄に)アツイ人間ばかりに囲まれて過ごしてきた。 学生時代はラグビー部で過ごし、(無駄に)アツイ人間ばかりに囲まれて過ごした。 こんなに暑苦しい人間がジャストに転職した際に、クールな感じの職場だなとの印象が第一印象だった。 第三者の立場で業務をするというジャストの仕事では、クールな感

プチイントレプレナーになる

良いはなし(心地よく、かっこいい話し) ◎サービス・ブランド・人 私が今の仕事で大事に考えているのは、サービス・ブランド・人。私たちが日々の仕事で提供するサービスは構造物の調査や検査、各種診断そしてこれらのレポート。その内容が重要なのは当然だが、最終的に顧客に届くのは調査レポートではなく、弊社のサービス全般を通じた安全や安心といった顧客の不安を払拭するような体験を提供することに集約され

自由の裏側

コラムの話をいただいて、「何を書くんだ?」と考えてみた。 題材は自由、文字数も自由・・・ いつの頃からか、この手の「自由」という言葉が苦手になった気がする。 小学校、中学校、高校と学生時代の「自由に」という言葉はどこか希望を感じる嬉しい言葉だった気がしたな・・ 自由か・・と思いつつ、「コラムとは」を検索「短い評論などを掲載する欄。また囲み記事。」 考え込んだ挙句、自由の裏側に気が