私たちジャストは、調査・診断業務を通して
構造物の安全確保とストック型社会の実現をめざします。

Service

超高解像・超望遠カメラシステム(J-SHOT)

J-SHOTは、最先端のイメージングテクノロジー超高解像度デジタルカメラシステムや超望遠カメラシステムなどを駆使した調査・点検サービスです。

超高解像度デジタルカメラの画素数は1億画素、超望遠カメラの望遠性能は35mm判換算で光学2,000mm、デジタルズームを併用すると4,000mmになります。これらのカメラシステムを組み合わせ、従来の目視点検の上をいく調査・点検が短時間で可能になりました。従来の高所の目視点検は、足場やゴンドラなどが必要でしたが、J-SHOTによってこれらの仮設費が削減でき、対象物から離れた場所でも詳細な情報を安全な位置から得ることができます。また、J-SHOTカメラシステムの用途は、構造物や看板などの点検の他、ドローンの代替としても活用できます。

J-SHOTの超高解像度カメラシステムは、きわめて詳細な画像が得られるだけでなく、色についても一般的なデジタルカメラのフラッグシップ機における14ビットカラーを超える16ビットカラーの階調で表現でき、たとえば茶系の塗装が施された鉄骨の錆もベースカラーと錆の色を見分けることも可能です。また、超高解像度を活かした現場のエビデンスとしてのデジタルイメージ保存の分野では、一般的なデジタルカメラではおよばないきわめて詳細な記録が可能です。

また、J-SHOTの超望遠カメラシステムについては、光学2000mm、デジタルズームを使用すれば4000mmの望遠性能となります。これは天体望遠鏡に匹敵する望遠性能です。

当社のJ-SHOTサービスは、半世紀におよぶ構造物点検技術者の知見に最新イメージングテクノロジーを実装し、安全、省力化、低コスト化、そして高品質な調査・点検サービスを目指しております。

 

J-SHOT pdf(1.91MB)