私たちジャストは、調査・診断業務を通して
構造物の安全確保とストック型社会の実現をめざします。

Service

外壁調査

耐久性のある鉄筋コンクリート造の建物でも、日常の風雨、光、熱等の自然環境要因や、人的使用状況などにより、経年とともに材料の強度や性能に老朽化・劣化が顕れます。 そこで、外壁の補修工事の基礎資料や外壁の現状把握の為に、外壁調査を行います。主な調査項目は以下の点です。

・タイルやモルタルの剥離、浮き、ひび割れ等/・シーリングや仕上げ材の劣化

調査方法

外壁調査の際、手の届かない高所での作業は高所作業車やゴンドラを使用します(図1~図2)。

図1 高所作業車 図2 ゴンドラ

打診調査

図3 打診調査

打診用ハンマーを用いて壁面を打診し、打診音により壁面の浮きを確認します(図3)。

ひび割れ調査

クラックスケールを用いてひび割れ幅を測定します(図4)。また、長さも同時に測定します(図5)。

図4 ひび割れ幅調査図5 ひび割れ長さ調査

欠損

図6 欠損部の測定、記録

欠損部を測定し、記録します(図6)。 右図の場合は、鉄筋のかぶり厚が十分でなく、鉄筋の膨張によってタイルの欠損が起きたと考えられます。

赤外線サーモグラフィ

赤外線サーモグラフィを用いても、壁面の浮きを調査することができます(図7~図8)。 表面温度の微妙な違いを読み取り、壁面の浮きを確認することができます。図中の青色の四角が壁面の浮きを示している場所です。打診調査と併用することもできます。

図7 調査建物図8 調査建物の熱画像図9 赤外線サーモグラフィ

劣化状態

過去調査を行った建物の劣化状態を以下に示します(図10~図23)。

<タイル>
図10 タイル欠損図11 白華現象


図12 タイルひび割れ図13 タイルリブの欠け


※白華現象とは、壁内原因物質が雨などによって表面に移動し、二酸化炭素と反応して白い粉となる現象です。

<シーリング材>
図14 剥離図15 亀裂図16 発錆


図17 劣化 図18 ガラスシーリング図19 建具との隙間


<モルタル>
図20 モルタルの浮き図21 モルタルひび割れ


<塗装、目地>

図22 塗装の劣化図23 目地の亀裂