私たちジャストは、調査・診断業務を通して
構造物の安全確保とストック型社会の実現をめざします。

Service

土木構造物の現地調査

準拠する指針

現地調査は「道路橋マネジメントの手引き(発行:財団法人海洋架橋・橋梁調査会)」等、各マニュアルに準拠して行います。

調査フロー

既往資料の調査

既存の記録等調査し、対象物の諸元及び損傷の状況や補修履歴等を把握します。

  • 橋梁(等)台帳の有無
  • 構造図・配筋図の有無
  • 構造設計計算書の有無
  • 点検台帳の有無
  • 補修履歴の有無

現地踏査

調査に先立ち、橋梁(等)本体及び周辺状況を把握し、調査方法や足場等の資機材の計画立案に必要な情報を得るための現地踏査を実施します。

  • 調査項目・方法・体制等の協議及び決定

現地調査

上記にて決定した調査項目を橋梁(等)の安全性や第三者被害の防止などの観点を踏まえてかつ安全に調査を行います。

  • 構造形状調査
  • 外観目視調査
  • 打音調査
  • 表面硬度測定
  • 超音波伝播速度測定
  • 非破壊による鉄筋探査
  • 鉄筋確認(はつり法)
  • 試料採取(コア法)
  • 現場中性化試験


室内試験

御指定の試験機関において各種室内試験を行います。

  • 圧縮強度試験
  • 静弾性係数試験
  • 単位体積重量測定
  • 中性化試験
  • 塩分分析

報告書作成

お打ち合わせにより損傷図・写真台帳ないし報告書形式まで作成いたします。

  • 寸法調査結果図
  • 現況写真
  • 損傷図
  • 損傷写真
  • 非破壊・微破壊調査結果
  • 室内試験結果