私たちジャストは、調査・診断業務を通して
構造物の安全確保とストック型社会の実現をめざします。

Service

コンクリート非破壊試験

版厚測定

コンクリート版厚で大事なことは予めRCレーダーで鉄筋位置を確認することと骨材に比べて振動子の大きな探触子を用いることです。また、面積が広い箇所では、1探触子反射法で、容易に版厚の測定ができます。


1探触子反射法による版厚測定鉄筋位置の確認

ジャンカの有無と位置

ジャンカの検出は壁・スラブでの1探触子法反射法と柱・梁での2探触子透過法があります。ただし、版厚が厚くなると壁・スラブでも2探触子透過法でしか測定できない場合もあります。


鉄筋の位置

通常はRCレーダーを用いて、鉄筋の配筋状態とかぶり深さを測定します。
狭い場所等でRCレーダーが適用できない場合は、渦電流や磁気を用いた簡易的な装置で鉄筋位置を確かめます。


ひび割れ深さを知りたい

ひび割れを挟んで2探触子法を適用します。


補修の確認

補修部を挟んで2探触子法を適用します。
ひび割れにエポキシやモルタル充填した場合の確認
同一平面での透過法はつり後にモルタルを充填した場合、対向面での透過法

同様な手法で、打継ぎ部の健全性の確認やコールドジョイントの評価も行えます