お問い合わせ

News & Column新着情報

ニュース

日本ドローンコンソーシアム講演レポート/構造物調査ドローン活用事例

JDC(日本ドローンコンソーシアム)フォーラム 2019-加速するドローンの産業応用と制度改革-の施設点検セッションにおいて「ドローンを活用した構造物調査」のテーマで当社取締役イノベーション企画部長の角田が登壇いたしました。

講演では、構造物調査での様々なドローン点検事例紹介・ドローン発明前と後で何が変革したかをお話させていただきました。
現場にドローンが登場したことによる付加価値として、コスト削減の他にも

  • 時短調査・足場なしで施設利用者への影響極小化
  • 撮影データ×画像処理でアウトプット品質向上
  • 高精細/赤外線カメラとの組み合わせによる付加価値アップ
  • 新型ドローンによるこれまでの調査限界の突破
  • AIとの組み合わせによる生産性向上

など様々な付加価値の変化がありました。

登壇風景

施設点検セッションでは他に、

  • 構造点検ドローン研究会/「構造物点検ドローンスクールの取組について」
  • 三信建材工業株式会社/「橋梁点検支援技術カタログの活用事例」
  • 株式会社日立システムズ/「ドローン運用統合管理サービス」
  • 山九株式会社/「プラント設備点検効率化へのドローン導入と今後の展開」

の講演がありました。

近年、建築分野では国交省や内閣府が赤外線×ドローンによる建築物の点検を推進する方針を掲げたり、土木分野では橋梁点検の仕様にドローンで撮影した3Dモデルが入ったり、目まぐるしく現場での普及が進むドローン調査。
当社においてもこれまで培った構造物調査のノウハウや画像処理技術を組み合わせ、高付加価値なサービスを推進していきます。

2019年11月