お問い合わせ

News & Column新着情報

ニュース

JSCAセミナー登壇「耐震改修で苦労した事例」

JSCA(日本建築構造技術者協会)主催講習会で「耐震改修で苦労した事例」について当社中村が登壇いたしました。

東京都の補助金事業で、東京都の緊急輸送道路沿道建築物の耐震補強設計・改修工事を行う中で、様々な問題や疑問をどのように対応したかを発表させていただきました。

耐震改修では、実際に工事着手した後に竣工図と現状との不一致が判明し、設計図通りの補強が出来ないケースが多々発生します。
原因は、部材の種別や配置の変更に加えて、躯体自体の不具合(ひび割れやジャンカなど)によるものまで様々です。

このような不具合が発生した場合でも、設計時に検討した建物の耐震性能をいかに確保するかが非常に重要になります。

参加企業は主に設計事務所でしたが、耐震補強に関する問題をどのように対応すべきかという共通の課題をもっており、講習会終了後も各社の担当者から個別に質問をいただき、関心度の高さをうかがえました。

当社が普段行っている様々な現場での調査や設計の内容は、社内では良くある出来事であったり、当たり前になっている事例もありますが、他社から見ると珍しく貴重な情報である場合も多いと考えております。
そういった情報をノウハウとして共有し社会の役立ててまいります。

2020年1月